Loading...

ABOUT ME

釋永岳について
HOME / ABOUT ME

ご挨拶

代々陶芸を家業とする家に生まれ育ち、大学時代は立体造形の魅力に惹かれて、彫刻を学びました。在学中、日本の伝統工芸の一つである陶芸の技法、素材の豊かさに魅せられ、土を素材に表現して行くことを決意。 現在は富山県の古い町並みを残す岩瀬町にて、今までに無い陶芸の表現を日々模索しています。


Greetings:

I was born and raised in a family inherits Ecchu-Seto Yaki that has been passed down through the generation in Toyama prefecture, I then was drawn into 3D design and studied sculpture in university. While at university, I became fascinated by the techniques and the richness of the materials utilized in traditional Japanese ceramics. I decided to express myself using soil.

After graduating from university, I worked as an apprentice at my father's place. Then, I left Ecchu Seto Yaki in order to search for my own form, I became independent in Iwase, the area has an old and historical streetscape which Toyama proudly offers. I am seeking totally new expressions of ceramic every day.

Keeping tradition for me is not only about keeping with the past, but also seeking our cutting-edge techniques that have never been done before, pursuing without any restriction and creating evolved objects which are not too far from what the predecessors created. I also think it is important to inherit the predecessors’ techniques and designs properly and with a sincere attitude.





ABOUT ME

» 名前 釋永 岳 Gaku Shakunaga
» 業務 レストランや企業、個人向けにオーダーメイドを中心とした食器、オブジェなどの 陶磁器の製造販売
» プロフィール 1978 富山県に生まれる
2002 東京藝術大学彫刻科卒業
2003 京都府立陶工専門校成形科卒業
2006 越中瀬戸焼「庄楽窯」から独立後、富山市岩瀬森家土蔵群にて作陶
» 展示会 酉福('09~'11)
COLLECT展 UK ('10・'11・12.13.14)
SOFA(NY)2012
現代日本陶芸展Floating world Gallery(Chicago)
赤坂乾ギャラリー
spazio di NAOKI
salon de vaguelette
伊勢丹新宿店 本館
日本橋高島屋
白金台『雨晴』にて個展(2020)
» 受賞 益子陶芸展 入選(2008)
高岡クラフトコンペ 入選(2013.2014)
国際陶芸フェスティバル美濃 入選(2014)
伊丹国際クラフト展 入選(2014)
wonder500(経済産業省)選定

2010制作の『Spiraling Pyramid』がGordon Brodfuehrer 氏から
LACMA | Los Angeles County Museum of Artに寄贈された。(2020)
LACMA | Los Angeles County Museum of Art
» メディア 炎芸術 見て・買って・作って・陶芸を楽しむ No.98(2009夏号)
HERS (ハーズ) 2011年 08月号
Grazia (グラツィア) 2011年 No.185
婦人画報 2015年4月号
FIGARO japon 2016年4月号 No,478
四季の味 2016年 04 月号
料理王国 2016年4月号
Pen (ペン) 2016年 7/1号 No.408
四季の味 2016年 07 月号
料理王国 2016年9月号
北陸日本酒ほろ酔い紀行
料理王国 2016年10月号
WEBマガジン・ラデ URL
サライ、家庭画報、婦人画報、炎芸術、金澤
サントリーの醸造家と「味を探しに行ける」がコンセプトのグラスづくりに抜擢。陶器編。
Wedge (ウェッジ) 2018年 5月号
MASTER'S DREAM Magazine | ビールを飲む時間をより豊かにするビールカルチャーWEBマガジン
サントリービールのトップブランド「ザ・プレミアムモルツ マスターズドリーム」
テーブルコーディネートのプロが教える素敵なおもてなし厳選アイテム80 - 山本侑貴子/著
ヒトサラマガジン 2018 SPRING vol22
気鋭の陶芸家、釋永 岳が手掛ける陶器「ÁGE(アージュ)」 婦人画報 2018年 9月号
大人の休日倶楽部 2018年11月号
雨晴店主 金子憲一氏によるコラム
Vol.12 陶芸家 釋永岳さん(1/5)|くらしをつくる人|雨晴/AMAHARE
elle-decor【連載】
【連載Vol.4】富山で作陶する陶芸家、釋永岳さんの器|ELLE DECOR [エル・デコ]
「雨晴」主人、金子憲一の 「ひと うつわ ひと」
Casa BRUTUS 『器の教科書』(2020)
» 取扱店  白金台 コンセプトショップ『雨晴』
雨晴/AMAHARE
» 住所 〒931-8358 富山県富山市東岩瀬町146
» 電話番号 090-6812-9549
» メールアドレス sph62649@icloud.com
» ホームページ http://gaku-shakunaga.com
» facebook https://www.facebook.com/gaku.shakunaga



Contact

Call Us
Address
富山県富山市東岩瀬町146

釋永岳の作品をご覧になりたい方へ
作品を直接ご覧になりたいお客様は、事前にご連絡ください。どうぞ宜しくお願い致します。
電話番号:090-6812-9549
お問い合わせフォームはこちら
住所:富山市東岩瀬町146 地図はこちら
交通アクセス:JR富山駅北口より富山ライトレールで「東岩瀬」下車徒歩約10分、JR富山駅より車で約20分、
  北陸自動車道富山ICより車で約35分


お問い合わせはこちら