Loading...

Product

釋永岳の作品集
HOME / Product


台皿 "Daizara"

中が空洞になっている立体的なお皿です。彫刻的な要素を持っているため卓上を品良く華やかにします。
※本作品はリバーシブル作品とは異なります。
Three dimensional plates with a center hollow have a sculptural element that gorgeously creates a sense of style on a tabletop.
※Not reversing type.


アージュ áge

年輪の風合いを出す為に、全面を削り出し荒々しい土肌を表現しました。大地の色である茶色は、食材を自然に映し出す最良色の一つであると考えています。
To get the effect and feel of tree rings, I curved the whole surface to express a rough clay body. As an earth color, I believe that brown is one of the best colors for presenting cooking ingredients naturally.


シャーレ Schale"(Petri dish)

シンプルな形のシャーレ。使い方は様々。余白を大きく取り描くとお料理を品良く映し出します。
※本作品はリバーシブル作品とは異なります。
The simple shape of Schale has a variety of usages. Presenting the dish elegantly by using a large blank space as compliment.
※Not reversing type.


薄鉢 "THIN"

磁器土を削り出しシャープなラインを際立たせました。和洋折衷に活かせる器です。凛とした雰囲気があります。
Curving porcelain soil, I accentuated the sharp line. You can use it for alternately between East and West(Japanese and Western(European) styles. It has a commanding feel.


呑みすぎる杯
"Nomisugiru Sakazuki" (the sake cup makes you drink too much)

日本酒をより美味く嗜む為に改良を重ねた結果、口作りをシャープにし、極薄に軽量化しました。すいすいとお酒が流れるのでついつい飲み過ぎてしまう。お酒を入れると光が反射し、透けたお酒の揺らぎが綺麗です。
After making numerous experiments making improvements to the act of drinking sake, the final result was a sharpened rim with the overall weight of the sakazuki drastically trimmed back to make it an ultra-thin cup. With this cup you cannot help drinking sake as it goes down your throat so smoothly. When you pour sake into this cup, light reflects against sake, and the tremor of transparent sake is beautiful.


大工カット
Daiku Cut Sara"

磁器土を大工のみを使用しリズミカルに削り出して作ります。
Using only "Daiku" carpenter chisels is made curving porcelain soil rhythmically.


リバーシブル
Reversible

リバーシブル 両面使えます。


ダイチ
DAICHI


タタラ
Tatara




Contact

Call Us
090-6812-9549
Address
富山県富山市東岩瀬町146

釋永岳の作品をご覧になりたい方へ
作品を直接ご覧になりたいお客様は、事前にご連絡ください。どうぞ宜しくお願い致します。
電話番号:090-6812-9549
お問い合わせフォームはこちら
住所:富山市東岩瀬町146 地図はこちら
交通アクセス:JR富山駅北口より富山ライトレールで「東岩瀬」下車徒歩約10分、JR富山駅より車で約20分、
  北陸自動車道富山ICより車で約35分


お問い合わせはこちら